TOP > クラブ概要 > クラブ会長メッセージ2018

クラブ会長メッセージ

2018~2019年度

第57代会長 鈴  村  正  人

 

2018club_kaityo
 
いわき勿来ロータリークラブは、1969年12月5日に創立され、今年で57年を迎えることになりました。「奉仕の理念」揺るぎなくタスキをつないで参られた諸先輩の方々には心より感謝申し上げます。この歴史と伝統のある当クラブの会長にご指名を頂き就任することになりました。会員の皆様のご指導、ご協力を得ながら、その任務を微力ではありますが精一杯果たして行く所存でおりますので、よろしくお願い申し上げます。
 

「インスピレーションになろう」/ Be the Inspiration

 
バリー・ラシン2018-19年度RI会長は、本年度テーマを「インスピレーションになろう」と掲げました。何か大きなことに挑戦しようというインスピレーションを、クラブやほかのロータリアンに与えて下さい。全てのロータリアン、全ての人々に対し、自らの行動をもってロータリーについて「感化」或いは「示唆」しようと訴えています。
 
地区活動方針と目標
 1、会員基盤の維持と強化
 2、ポリオ撲滅への取り組みと支援
 3、奉仕活動の支援
 4、RI戦略計画と中核的価値観の理解と実践
 5、公共イメージの向上
 6、全クラブがロータリー賞に挑戦しよう
 7、研修制度の充実
 8、ロータリー財団への理解と活用
 9、米山奨学会への協力

 

RI会長方針、平井義郎ガバナーの活動目標を受けていわき勿来ロータリークラブの会長方針を次のように設定しました。
 

 1、会員数の拡大に努める。(会員純増2名)

 2、地区主催の各研修セミナーへの積極的な参加。

 3、経費削減を図る為に検討委員会を立ち上る。

 4、例会の活性化を図る。(例会は重要な活動の場、出席率80%以上)

 5、いわき分区ホストクラブとして分区の活動に協力する。

 6、公共イメージと認知度の向上。

 7、ロータリー賞に挑戦。

 8、姉妹クラブ、友好クラブとの親交を深める。

 9、ロータリー財団への理解と活用。(地区補助金補助金の活用)

 10、米山奨学会への協力。(奨学生の受け入れ1名)

 
以上、会員の皆様、家族の皆様、関係者の皆様、ご協力をよろしくお願いします。